FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

遅いといえば遅いのですが、少なくとも6/24中に東映からコメントが出ました。

ヒーローショー運営におけるSNS上での訴えにつきまして

このたび、株式会社東映エージエンシーと当社が制作しております、東京ドームシティ シアターGロッソでのヒーローショーの運営におきまして、ハラスメント等の被害があったとSNS上での訴えがございました。

事実であれば誠に遺憾であり、現在、調査・確認に着手させていただいております。


被害を訴えた方、お客様及び株式会社東京ドームをはじめとする関係各社様にご迷惑・ご心配をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。


確認結果につきましては、あらためてお知らせする予定でございます。




2019年6月24日

日付はもともとのフォーマットでは文末(右揃え)になっていましたが、その点と、あとタイトルを文字修飾した以外はデッドコピーです。
定型文ながら、とりあえず直接の責任がショーの制作を行う東映にあること、調査がスタートしたことが明言されましたので、あとは結果を待ちたいと思います。
本件、大昔に地方でヒーローショーをやっていただけのわたしにはまったく関係のないことなのですが、MC経験者としてはやはり気になりました。というのも、司会の女性の元ツイートにあった、
「胸を張って子供たちの前に立つには、少し辛かったのも事実です。」という一言にひどく実感がこもっていて、痛ましく感じたからです。
ヒーローショーのMCとは本来、純真な子供たちからたくさんの笑顔と力をもらえる、ほんとうに幸福な仕事であるのにと。
5ちゃんのGロッソスレでは、彼女の司会ぶりがどうだったか、観た人が書き込んでいましたが、
「いつも元気で笑顔で頑張ってくれていた」
「無茶ぶりにも機転のきいた対応で感心した」
「司会に加え生の声当ても多く、繁忙期には声がかれて気の毒だった」
 等々ほんとうに夢をもって、一生懸命頑張っていらっしゃったのだなあと感じました。

昨日の日記は朝書いたのですが、「あれは嘘だ」等の関係者ツイートが出ている件について追記したあとも、棘のコメントの伸びや、5ちゃんねるの該当スレを何度か見ていました。
それを見ると、熱心なスーツアクター・アクトレスファンの中には、自分が好意をもって応援していた対象が問題の
「関係者ツイートをRTしていた」
「関係者ツイートの主と相互フォローしていた」
「関係者ツイートにいいねしていた」
 ことについて
「まさか○○さんも同じ考え?」と受け止め、ショックを受けている方が何人も見受けられました。ツイッターに関してはRTは必ずしも同意とイコールではありませんし、いいねもかつてのふぁぼ同様、ブックマーク代わりに使う人は少なくありません。ぜんぶ明らかになるまでは、大好きな○○さんを悪の組織に含めてしまうのはまだ早いのではないか……と感じました。

①では
「この業界は純真な方の多い業界」というようなことを書きましたが、言葉を飾らずに言うなら、ごちゃごちゃ複雑な企みごとは苦手な人たちだということです。仲間を信じ、仲間が攻撃されていると感じれば反射的に
「それは違う!」と言ってしまう。言われた人がどう感じるか、とか、第三者の目にどう映るかとか、そもそも仲間に非はほんとうにないのか、等の点に考慮が至っていないのですが、裏アカウントを暴いた人(この人にははっきり悪意が感じられます)のように、
「加害者を守るために被害者を陥れよう」という人は少ないのではないかと思います。命がけの現場では、仲間を信じないという選択肢はありません。仲間を信じているから、仲間が攻撃されていると感じたから、あの告発もそのまま違う、嘘だと信じたのでしょう。
自浄能力、という観点からすると、この結束力はマイナスですが、情に厚い、とか、仲間を信じただけ、と観ればなんとか納得はできないでしょうか……?

もちろんそれを口にしてしまうのは、いかにもうかつだし配慮のないことです。スーツアクトレスの方には
「同じ女性なのに、被害を受けた方の気持ちは思いやれないのか、危険なアクションをしない司会者は仲間ではなかったということか」と悲しくなりましたし、東映の照明の方には
「せめて嘘だのフェイクニュースだの拡散希望だのという強い言葉は削除すべきではないか」と憤りを感じました。

が、RTした方やいいねをつけた方は、今は責められないなあとわたしは感じます。

あと、岩田さんのコメントはさすがですが、かれが今の時点で発言できたのは、円谷系の作品で仕事をされることの多い方だから、ではないのかなとも思ってしまいます。たぶん東映系の方は、例の関係者ツイートを見て却って発言できなくなったのではないでしょうか。そういう意味でも罪が重いなと思います。
同日追記。東京ドームシティのほうでもコメントが出ていました。

ヒーローショー運営におけるSNS上での訴えについて

 このたび、東京ドームシティ シアターGロッソでのヒーローショーの運営におきまして、ハラスメント等の被害があったとSNS上での訴えがございました。この訴えの内容が事実であれば誠に遺憾であり、被害を訴えた方及びお客様にご迷惑、ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。
 本ヒーローショーは、株式会社東京ドームが、株式会社東映エージエンシーに制作をお願いしているものであり、現在、当社としては事実関係の確認を進めているところでございます。
結果につきましては、あらためてお知らせする予定でございます。


さらに追記。正式な調査が始まったからにはもうどうでもいいのですが、照明の人の最新のツイートを見て度肝を抜かれました。ちょっとなんか、悪意があるとかないとかいうレベルの人じゃなかったようです。理解できない……
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/2487-a748a96d

| ホーム |