FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

「次の仮面ライダーの主役は高岩さんではないらしい」と耳にしたのは、5月だったか6月だったか……
10年くらい前からずっと、いつその日が来るか、と毎年毎年身構えていたので、
「ああ、とうとうその時が」と思ったことを憶えています。
岡元次郎さんが準主役から退き、重厚な悪役として戦隊への出演を増やし始めたあの時期。
伊藤慎さんがREDからレーシングチームへと移られ、押川さんも戦隊へ。
いつかは高岩さんも、と思わずにはいられなかった、そんな時期があったのです。
以来、もしライダー番組への出演を続けられるのならライダーを、仮に舞台や一般のドラマへフィールドを移されるのならそれらの舞台やドラマを、追いかければいいんだと肚は決まっていたものの、できればこの時を少しでも長く……と祈るような思いでいました。
近年は過密なスケジュールを縫って後進の指導にも取り組まれ、そんな様子を伺うにつけ、やはり、その日が近いことを思い知らされずにはいられませんでした。

s_javier-garcia-PNVMQpDbxLk-unsplash.jpg
Photo by Javier García on Unsplash

そんななか、平成ライダーが終焉を迎えるこの年こそ、主役交代に適していると上層部が考えられたのでしょう。
しかし改元がこのタイミングで行われることは昨年までわかっていなかったことです。にもかかわらず、まるであつらえたかのように今、ひとつの時代が締めくくられ、「ジオウ」というきらきらした魅力にあふれる番組がその集大成として用意されたこと、まるで花道であるかのように、豪華な劇場版が制作されたこと、そう考えてしまうくらい、素晴らしい高岩さんの業績も含め、すべてに感謝したい気持ちでいっぱいです。
ファンになって満15年。足掛け16年。
勇気を、希望をありがとうございました。
愛らしく、若々しく陽性の、ザ・主人公。
斜に構えた姿勢からにじみ出る含羞と虚勢。
孤独や覚悟を背負い、なおも傲然と立つ無頼。
砕けた身振りや冷たい視線から、色気がしたたり落ちるようなダークヒーロー。
様々な魅力と品格にあふれるヒーロー像を、ありがとうございました。

「ゼロワン」制作発表を観て
「やっぱり高岩さんではない、縄田さんか?」と思い、「スポーツ報知」などで高岩さんと縄田さんの対談記事を読み、すっかり発表済みの事柄と思い込んでいましたが、本日正式に主役ライダーの交代が報じられ、ツイッターではトレンドワードとして「高岩さん」「縄田さん」が並びました。この上は、戦隊レッドの交代劇のごとく、「ジオウ」のラストか「ゼロワン」の冒頭かに何らかの仕掛けがあると嬉しいなと思います。

……ということで、このところ「ジオウ」感想をさぼりがちで、今日くらい高岩さんへの感謝の文章を綴らなければと思ったのですが全然言葉が出てきませんので、ツイッターに流れてくる方々の言葉と各誌の記事を貼らせていただきました。











ちなみにライダー番組の終盤では新番組の撮影が並行して行われるため、主演クラスの方は新番組のほうを優先せざるを得ない、というのは有名な話で、例えば「龍騎」ラストのナイトは伊藤慎さんでなくアマゾンアルファの岩上さん(当時RAC)が演じられていたと聞きます。今日の「ジオウ」のクレジットを見ると縄田さんが抜けていて、ピンチヒッターに浅井さんが入られていましたので、ああさっそく「ゼロワン」を撮影されていたんだなあとそんなところにもしみじみ来た連休の始めです。
同日追記。一気に高岩さんあての感謝メッセージがタイムラインにあふれて収拾のつかないことに。とても全部は貼り切れませんので、わたしの一番好きなライダー、「555」の半田さんと唐橋さんのみ追加しました。
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/2508-d95ca8e2

| ホーム |