FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

西川さん先週といい熱い。視聴時のタイムラインでも
「OPが!」という声が多かったです。あと
「イズちゃん」というのと。

OPを観ると滅亡迅雷のお二人も変身しそうですね。
髪が長く目の赤いイズや、ぼろぼろになった或人、という映像も意味深です。
ヒューマギアに心はあるか

後継者難に悩む寿司屋の大将相手に、寿司ロボットを売り込む或人。なんでまたいきなりトップセールスを始めたのかと思いますが、このすし太郎(いや違う一貫ニギロー)、単にうまく寿司を握れるだけではなく、客の体調、好みを分析し最適の寿司を握ることのできる高性能AIが搭載されています。
ロボットに心はない、うちは真心を売りにしているのだと受け入れない大将。
これに対し、客としてきていた刃ゆあは、どう捉えるかは人間次第だと美味そうに寿司を平らげます。

第2話では
「ヒューマギアは人間の敵」とする不破と
「ヒューマギアは人間の夢」とする或人が
対比して描かれていましたがゆあはその中間に立つ者。ヒューマギアは単に便利な道具であり、役に立つ間はよし、滅亡迅雷.netによってAIが狂わされたのならハードは壊しても問題ない(バックアップさえあればまったく同一のものと考えて差し支えない)という発想で、最も常識的、一般的な態度です。

しかし
「心がない」と否定されたことによって
「心はデータ化されないのでしょうか。わたしに心がインストールされれば」と言い出すすし太郎に、どうしても心のかけら、心の萌芽を視聴者としては感じてしまうし、或人もそう思えばこそ、関わったヒューマギア一体一体に愛着を持ち、暴走時はいかにイズが
「壊すしかありません」と言おうとも苦悩せざるを得ないのです。ここで、それまで
「ロボットに心はないだろ」と拒否してきた大将が、逆に道具なんかじゃないと或人を励ますまでに心を開いたのにはぐっと来ました。
最もすし太郎が大将の心を捉えた決め台詞は
「わたしには折れる心がありませんから!」だったのですが(過去の弟子たちはしごきに耐えきれず店を移っていったという背景があり、すし太郎はいくらしごかれてもついていくという意味)。

ヴァルキリー登場

予告されていたとはいえついに刃ゆあが変身。体格的に蜂須賀さんのような気がしますがどうでしょうか。←藤田さんでした。 暴走ヒューマギアが大量発生し、或人も
「どれがすし太郎かわからない」と二の足を踏む状況でいち早く飛び出していきます!
いきなりの脚線美を見せつけるポーズ、そして躊躇なく一網打尽にするダッシュラッシングブラスト。
チータと言うよりは「るろ剣」の佐藤健さんのドリフト走りを思い出しました。
不破のように無駄な力が入っておらず、効率的かつ効果的に戦いを運びます。さすが技術顧問。出番のなかった不破の恨み言にもお手本を見せてやったと言わんばかりの冷静さがにくい。
そして、途中まで三ツ星寿司屋にいたのは偶然と思っていたのですが最後にそれも作戦行動の一環、なおかつ不破にも秘密の行動だったと明らかになります。
チェスの駒を弄ぶ謎の人物とは……

イズ

すし太郎が大将の秘技を動画から分析・再現してみせるシーン。
みなで動画を見ている背後から秘書らしく控えめに覗き見しているのですが、背が低くよく見えないせいか、ぴょこぴょこと背伸びしたりかがんだりを繰り返すのが異常に可愛かった。
めでたく成約し、すし太郎の握るイカの寿司を食べながら或人が
「ま、いっか」とつぶやくと例によってイズが
「今のはイカと…」と解説を始めるのですが、いや今のは偶然韻を踏んでしまったのであってギャグではないと慌てる或人を無視し、とうとう〆の
「アルトじゃ~ないとぉ!」まで再現してみせる成長ぶり。
OPでの意味深な登場といい、或人と彼女の関わりは今後どのように変わっていくのでしょうか。

ちなみに副社長についている秘書には或人のギャグはまったく通じていませんので、イズだけが或人を理解しようと学習しているわけです。イズといいすし太郎といい、ヒューマギアのAIはオーナー、もしくはユーザーごとに最適化されていくもののようです。
なおヒューマギアの名前について、前回オーナー、もしくはユーザーが命名するのではと思っていたのですがすし太郎には最初から一貫ニギローという名が開発者によってつけられていましたね。
だとすると宅配便ロボに「オクレル」と名づけたのは飛電関係者ということに……? それともあれは他社製品……?
今週のワイルド暴走系。レッドには本意ではないだろうと思いつつ、こういうヒーローが我を忘れて暴走する、もしくは乗っ取られるなどして豹変するエピソード好きなんですよね。
同日追記。ヴァルキリーのスーツアクターについて訂正しました。
書きかけ中断してお昼ごはんを食べてアップしたら、その間に正解が来ていました。間が抜けています。
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/2515-983b3c43

| ホーム |