FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

重要な展開につながるブリッジ回。という気がします。
ついに暴走ヒューマギアに共通する特徴を知らされた或人。
一歩先んずるAIMSは、敵方――滅亡迅雷.netの手に落ちたヒューマギア、“暗殺ちゃん”を鹵獲し
「道具は使いようだ」と、何事かをもくろんでいるかのようです。

s_julien-98DMilC0jRs-unsplash.jpg
Photo by Julien on Unsplash

しかしコービィのラーニング担当した人はバスケ漫画でも読ませたのでしょうか。
ライジングインパクトにアバンストラッシュ、そして安西先生。このあふれるジャンプ感。
リセット

今回のヒューマギアトリビアは。ヒューマギアをリセットすると、それまでラーニングしたデータを消され、出荷時状態に戻る、という定義が提示されます。
それはそうだろうと思いつつ、でも、迅はリセットされても大枠のところは消えていなかったので、滅は適宜復元ポイントを設けているのだろうなあと、まめさに感心します。わたしなんかパソコンのバックアップとるのがせいぜい。リセットしたらすべてが消えてしまいます。
職務に忠実であるがゆえに、
「やりすぎる」とクレームがきた中学のバスケ部顧問ヒューマギア、コービィ。練習時間を独断で延長し、体育館を立入禁止とされても練習を続行。プログラム通りに動くロボットとしてはありえない逸脱行動ですが、自己ラーニングを継続した結果、
・受験を控え最後に一勝したいという生徒の悲願を知り、
・そのための最適のソリューションを導き出し、
・所与の指示と矛盾していても実行を自己決定する
段階まで来ていたのです。

クレーム処理に来たのに
「勝ちたい」という生徒たち自身の想いにふれ、つい、コービィに肩入れしてしまう或人。手を焼いた担当教師は、
「では試合に負けたらリセットだ」と言い出します。かれにとっては生徒たちの大切な試合も、厄介者を片づけるための賭けの道具になり下がっており、生徒たちの願いを叶えてやりたいコービィのほうがよほど先生らしいことになってしまっていますが、要はそれがシンギュラリティ=自我の芽生えだというわけです。
当然のように現れる迅。ゼロワンに変身はするものの、ためらう或人に、
「あれはもうコービィではありません」と声をかけてやるイズが、なぜ真っ先に滅亡迅雷.netにねらわれないのかと、思うのはいつものこと。

ラストは例によって新しい機体がコービィとして納品され、どうやら今までのデータも消えているようで、
「それでもおれは信じているんだ……ヒューマギアは人類の夢だと」と希望にみちた締めくくりでありながらもつらい。
このつらさに耐えるくらいなら、ゆあのように道具は道具と割り切ってとっととリセットしたほうが楽な気がします。茨の道を行く主人公です。

AIMS

声優ヒューマギア回で取り上げられた、「個人に酷似した外見のヒューマギア」問題もそうでしたが、AIMSはヒューマギアを取り巻く諸問題を――主に倫理的な面で――主人公に呈示する役割を担っているようです。自我に目覚め、人の領分を凌駕しようとするヒューマギアを問題視し、つけねらうのはかれらも滅亡迅雷.netも同じ。
今回はそれに加え、戦闘時の技術指南までしてくれました。
マンモスと変じたコービィに手を焼くゼロワンに、
「このほうが向いている」と北極熊(フリージングベア)のプログライズキーを手渡すゆあ。素直に用いる或人がやはり、育ちがいいなと思います。不破のほうは単細胞なところがありますが、ゆあ相手だと実験にていよく使われたという感じが拭えませんし、どうかすると
「何か仕込んでいるのでは」という気にもなってきます。

今回、滅は迅にもう1体、“暗殺ちゃん”と名づけられたヒューマギアを同行させましたが、ゆあはこの“暗殺ちゃん”が変身(ドードー)しようとする寸前でプログライズキーを奪い、硬直し動けなくなったところを鹵獲させていました。研究分析のためかと思えば、どうやら手駒として使おうとしているようで相変わらずの暗躍っぷり。
関係ないですがドードーは「不思議の国のアリス」にも登場した動きの遅い、知能もあまり高くない鳥で、特殊技能もなし。絶滅の理由は乱獲です。戦闘モチーフには向かない気がします。

イズ

冷静に戦闘時、生徒たちを逃がす頼もしいところを見せながら、
・敵に炎を吹きつけられ熱がるゼロワンをふーふーして差し上げたり、
・カバン剣を不破に奪われ戸惑ったり、
・ゼロワンが熊に換装するとパチパチ拍手したり、
最近は具体的な戦闘サポートより精神的なサポートに重きをおいているイズ。萌キャラ化しています。
今週の婚活! シリアス展開!
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/2522-1bf32f74

| ホーム |