fc2ブログ

なかなかつらい

特に好きなタレントがいるわけでもないし、事件そのものは報告書(一応リンク貼っていますが警告が必要なレベルですのでトラウマなどある方はご覧にならないほうがいいかと思います)をパラ見するだけで胸が悪くなるようなものだし、ジャニー喜多川氏の一件に触れるつもりはなかったのですが、それでもこれだけ世間の関心が高いとネットをしているだけでちらちらと断片的な情報が入ってきます。これがなかなかつらい。

brandi-redd-aJTiW00qqtI-unsplash.jpg
UnsplashBrandi Reddが撮影した写真


まず、ファンの皆さんが告発者の容貌や素行、告発に至った動機(と彼女たちが考えるもの)……等をけなす言動がつらい。まったく別件なのですが、Gロッソヒーローショーでのパワハラ・セクハラの一件を思い出してしまいます。あの時も、
「告発は嘘だ」
「彼女はそもそも問題が多い人物」
「Gロッソは大丈夫です、若手の頑張りを応援してください」
 と言う一部のスーツアクターに呼応して、やはりファンが被害者であるMCを攻撃する場面が見られました。
「まさか……自分は推しを信じる」というファン心理はわからなくもないだけに、こういう保身にファンを巻き込むやり口は見ていて嫌なものです。

ジャニーズ事務所は長年に渡る未成年者虐待の事実を認め、被害者に謝罪しながらも
「社名は変えない、今まで通り事業を継続します」という他の業種業態ではまずあり得ない方針を発表し、なおかつファンの同情を集めるという離れ業を演じました。
これは一つには、
 ・正義のヒーロー気取りのメディアが会見で私刑まがいの質問を繰り返した
せいでもありますが、
 ・人気のある、あるいは好感度の高いベテランタレントをそれらの糾弾の
  矢面に立たせた
効果は否定できません。とくに井ノ原さんの落ち着いた対応はお見事でした。会見後は
「創業者が悪事を犯したからとは言え罪もないタレントがその責めを負うのはどうなのか」
 という意見や、ジャニーズ事務所全体へのエールなどもネットでは見られました。

他の業種業態ではあり得ない、と書きました。
通常ならばこの場合、完全にクリーンな新経営者を外部から招いてさらなる調査や被害者対応に専念させ、従来事業は可能な限り縮小したり、存続させるなら他社への譲渡や独立という手段をとるものです。そこまでしても
「形式的な反省」とみなされ、最終的に廃業まで追い込まれるケースもあるわけですが、最低限そこまではやらなければ、せっかくの経営資産が活かされない可能性が高い。今回の場合なら、いつまで経っても事件のイメージが所属タレントにまとわり続けるだろうということです。

実際、ファンの反応をよそに、記者会見まで同社の対応を様子見していた広告出稿企業は、一斉に
「ジャニーズ事務所のタレントとの契約更新はしない」という方向へ舵をきり始めています。
個々のタレントをいくら起用したくとも、問題を残したままの企業とは取引できません。あの記者会見がその判断につながったのだろうと。それに対してさらに一部のファンが、タレントをいじめるひどい企業への不買運動を謳うという目も当てられない状況です。

このように所属タレントたちがさっさと移籍・独立しようとせず、告発側に回るでもなく、それどころか火中の栗を拾わされているのを見るのも、なかなかつらい。
今の地位を築くまで、それこそランドセルを背負っていたような年齢から、長年、運命共同体として共に戦い抜いてきたわけです。恩義に感じたり、感謝する思いは当然あるでしょうし、氏のプロデュースへの信頼もあったでしょうし、もしかしたら家族のような情もあったかもしれません。
今回問題となった虐待に対しても、まったく知らなかった者から、まさに当事者だった者までグラデーションがあるなかでは、
「信じられない」と混乱することもあるでしょうし、かりに被害者であったとしても、中には情の部分で断ち切れない、という人がいておかしくない。
そういう複雑な心情をも利用しているように見えるのがつらい。
今まではともかく、今回だけは経営陣と所属タレントはきっちり切り離すべきでした。それがタレントを守り、ファンの信頼に応えることだと思うのですが……同社は今まで通り、を選びました。

先日の会見まで、わたしはこの件では
「メディアはどう責任をとるつもりだろうか」ということにしか関心はありませんでした。いや、別に関心があったわけではありませんが、最も責任の重い喜多川氏はもう亡くなっているのだし、これ以上報じるなら
 ・メディアはなぜ大手事務所の横暴に沈黙を守ったか
 ・他に類似の事例があるのではないか(のん=能年玲奈さんの件とか)
といった芸能界の構造そのものに触れていくしかない。でもなんか、そういうのがどうでもいいくらいに会見後の今の状況がつらいです。

ジャニー喜多川氏は確かに大物だったのでしょうが、ファンからすれば黒衣です。その黒衣を守るためにタレントが利用され、ファンが巻き込まれている。ジャニーズファンではないからのんきに日記なんか書いていますが、他人事でもなかなかつらい。早期に業界全体の健全化が図られることを祈っていますが可能なのでしょうか。
関連記事
SHARE
diary 優雅に生きたいけどだめ