fc2ブログ

我慢する人と我慢しない人のことを思った。「ロスト・キング 500年越しの運命」

かの有名なシェイクスピアの戯曲「リチャード三世」において、リチャード三世とは簒奪者。
それも、王位を奪うために気の毒な甥たちを殺すという残忍な人物。
しかしそれは「トニイパンディ」(Tonypandy)、本邦における「司馬史観」のようなものではないか――との疑念は、実は目新しいものではなく、たとえば1950年代にはもう、ジョセフィン・テイの「時の娘」が非常な説得力を以てその真実に迫ろうとしています。
なので正直、この映画のもとになった「駐車場でリチャード三世の遺骨を発見」という報道を見て、逆に
「今頃そんなことやっているのか?」と思ったくらいです。歴史家は何をやっていたのかとか、シェイクスピア強いなとか。

IMG_1468.jpg

本作の主人公は、そんな世界の常識を疑い、リチャード三世の真実を証明しようとしたアマチュア歴史家の物語。
なので困難に打ち克った素晴らしい人、信念の人、あるいは情熱の人という感動ストーリーの映画、もしくはリチャードオタクによるリチャードオタクのための偉業! 推しはあらゆる困難を跳ね除けるパワー! みたいに若干コメディテイストを盛り込んだ映画と予想していました。

ところが主人公のフィリパ。なんとも好きになれそうにない、近づきたくないタイプの人でした。

常に不満顔

映画の観客というものは普通、主人公に感情移入します。でこのフィリパ、登場からほぼずっと、かなり終盤まで、心からの笑顔を見せません。その顔に浮かぶのは不満、苦痛、緊張、不安、怒り……ずっと人生に生きづらさを感じていて、なおかつそれを我慢しません。これに共感するとは、彼女のストレスを引き受けるということです。これがつらかった。途中から胃が痛くなりかけました。

女だから、障害者だから、中年だから、昇進できないという点に生きづらさを感じるのはわかる。
でも、だからといって上司に噛みつき禿呼ばわりし、衝動的に無断早退、無断欠勤というのはついていけない。

子供の世話が負担、離婚した夫が恋人の元へ戻っていくのが面白くない、それはよくわからないけどそういう人もいるかなとは思う。
でもだからといって、夕食の支度からレジャー、習い事への送り迎えまで離婚後も分担してくれている相手に、戻ってきて自分の生活を支えてほしいと申し出る、それはどうなの? と思う。
夫の言い分によればフィリパの方から愛想をつかしたみたいなのに。

感情の振り幅が大きくて、感情移入しにくいし、共感できない。
くだらない仕事と思いつつも何とか折り合いをつけて我慢し、フィリパの破綻しかけた「生活」をフォローする元夫や職場の同僚達に、甘えさせてくれない母親への不満を直接は口にしない息子達に、少しくらい笑顔を見せてやってもいいんじゃないの? と思うのです。
人生は誰にとっても不満なもの。それに耐えながら、ちょっとした楽しみをみつけて何とかやっている大勢の人たちがいなければ、たちまち社会はがたがたになってしまうのにと。

her story

……とこんなふうに斜めに観てしまうほど、主人公の行動はある意味狂気に満ちています。
普通はここまでやらないし、やれない。
でも普通の人たち、自分に割り当てられた負担を我慢できてしまう人たちだけの社会、我慢せず戦い続ける人のいない社会では、前に進めないことがあるのも確かなのですよね。
フィリパの前には多数の歴史家、あるいは歴史ファンがいました。
リチャード三世簒奪者説に疑念を抱く人々。
また具体的な遺骨探しに対しても、様々なアイディア、手法を持つ人がいました。
でも誰も、フィリパ以前にそれを実行しなかった。
誰にも生活があり、投げ出せない責任がある。それを投げ捨ててまでやるべきだという信念を持てる人は少ない。
リチャード三世の遺骨は、500年の長きにわたり、ただ地中でフィリパを待つ他なかったのです。

これは間違いなく偉業。だからその偉業を、ノイズなく称えさせてくれる映画、フィリパを好きにさせてくれる映画であったらなあと思いました。

どこまで脚色でどこまでが事実かわかりませんが、作中のフィリパは障害や女であることを二言目には口にします。パンフレットを読めば、制作者がそこにスポットを当てようとしていたことは明らかです。
冒頭にも、
「これは彼女の物語(her story)」と画面に大きく表示され、歴史を表すhistoryという言葉が、his storyを語源とすると言われている(本当かどうかは知りません)のにかけたんだな、と感じました。

女だからないがしろにされる。障害者だから疑われ、お荷物に思われる。

それは事実なのかもしれないけど、フィリパの立場は一般的にはかなり恵まれているように作中では描かれているので、それに比較すると被害者意識が強過ぎてバランスを欠いているように感じられます。また被害者意識が強いなら強いで、いわゆる「ざまあ」シーンがあるなら(わたしの好みではありませんが)、そこそこエンタメになったかもしれないのにフィリパはいつも怒り、不満に思っているだけ。
何かもっとうまい描き方はなかったのかなあ。ほんとうはもっと、人好きのする人かもしれないのに。
制作者の主張したいことが、わたしにはノイズでしかなかった。
なおかつ、
「皆が定説と思っていることが覆されるプロセス」にはあまり尺を割いていないため、「時の娘」を知っていると意外性や知的興奮を感じることも困難でした(パンフレットにあった、骨の鑑定法に関する解説が、一番面白かった)。実はそこが観たいところだった。

シェイクスピアやジョセフィン・テイなどで事前知識のある人にはお勧めしません。
映像は詩情があり、印象的。
関連記事
SHARE

コメント 0

There are no comments yet.
dvd box 観たらめも