FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

空に満ちるイマジンの光球は3000体あるそうです。
だからといって視聴者3000人エキストラの募集はない…はず…

田崎監督のラストターンだったそうで、ああ面白かった、と思いつつしんみり来る東映公式でした。
関係者のブログもこのところそういうのが多いですが、わかっていても切ないので気にしないことに決定。

見どころ多かった今回ですが、カイの正体にはまだ謎を残しています。
「おまえ、…人間だろ?」という侑斗の言葉。
自らの手で過去への扉を開く能力。カレンダー手帳、およびその日付の意味は、今回語られませんでした。
過去世界にいたカイの身体は砂と崩れていきました。
ラストカットも、カイの笑顔。

今回の顔見せは電王組のセーフでしたが…今後も彼とはいろいろありそうです。
どうせ助かることはわかっていても、どう助かるのか、誰が解決するのか見当もつかなかった、デンライナーゼロライナー暴走の危機。
アクションシーンが多くてうれしかったです。

その一
一番派手なアクションは…当然ながら?暴走列車組。
その走りは時にサンドワームのようで、重力に翻弄されるナオミちゃんは、普通なら全身打撲で命が危ない状態。
まあその受難はコミカルに描かれていますが…。
デネブはようやくゼロライナーの運転席に乗り込んだものの、同様に上下左右に振り回され、パスをゼロバードから抜き取ることができません。

その二
デネブ同様止めに行きたいモモタロス達は、レオイマジン配下のゼクトルーパーに足止めを食らわされたままです。駅構内での乱闘。その軽快なアクション。
「やばいんじゃない、これ」
「しかしこいつら片づけないとどうしようも…」
戦いながら背中合わせに囁き交わすモモタロスとウラタロス。
よそ見をした隙に、それぞれの敵に殴られるのが納得です。
しかし数ありとはいえ雑魚は雑魚。
それぞれの必殺技をイマジン体で披露する大サービス!
なかでもキンタロスのダイナミックチョップの重厚さは、まさにダイナミックです。

その三
傷心のR良太郎を、野上良太郎の身体を守るべく、危機において躊躇なくゼロノスに変身し、レオイマジンの前に躍り出た侑斗。
前回のダイナミックなアクションは見どころ多かったのですが、やっぱり身軽な弁慶風というのとはちょっとイメージが違いますよね。
前週より引き続き、力と力がぶつかり、押し合う肉弾戦。
レオイマジンとは実力がほぼ拮抗しているのか、戦いは膠着ぎみ。

そのなかで、今回のエピソードの焦点、R良太郎の物語が展開します。
「一番消したいのはお前」と嘲笑われ、
「おまえ自分がイマジンだってわかってる?お姉ちゃんだっけ、あれだってお前のお姉ちゃんでも何でもないだろ」と釘をさされ。
呼び出したダンサーズは逆にカイの手駒となり、それでも久々の生身アクションで戦えば(これがかっこいい!)、リュウタロス自身でなく野上良太郎の肉体が消耗しているのではとの指摘が飛んでくる。
嫌な精神攻撃、それもコンボ技。

打つ手なくターミナルを脱出、街を逃げ惑うR良太郎。
辛くもレオイマジンを撃退し、R良太郎の後を追う侑斗。
ミルクディッパーに助けを求めたのはいいのですが、傷の手当てをしようという愛理の
「あなた良太郎じゃないわね。どなた?」という言葉に耐え切れず…

「しょうがないだろう」

そんな彼にかけられた、ゼロノスとして戦う侑斗の、万感の思いを込めた言葉。胸に迫ります。

そこに再び現れた、カイ、そしてレオイマジン。
殺気立つ侑斗、R良太郎を制し、進みでる野上良太郎。
予告を見たときからぞくっとしていましたが、名場面です。
男が男に惚れる展開です。いやわたし男ではないですが。

「二度とリュウタロスには近づかないで」
「でかい口だな…おれが直接やってやろうか」

進み出るレオイマジン。
そこへターミナル組が救出したデンライナーで登場し、コハナがパスを投げます。
良太郎はすかさず変身、モモタロスが憑依して、
「ずいぶん勝手なことしてくれるなあ」と啖呵をきりますが、カイは構わず手帳をくり、そして…自らの手で過去への扉を…気持ち悪い映像でした。
過去へ移動してしまったレオイマジン。
カイのことはおいて、取り急ぎ過去へ向かわざるを得ない、良太郎。

やはり過去ではモモタロス達は憑けないので、ここは良太郎によるへっぴり腰・アクション。
先ほどの雄姿とは裏腹のおよよなファイトスタイルであるため、レオイマジンにまで
「その弱さでカイにあんな口を」と呆れられます。
あんな戦い方、ふつうにかっこいいアクションより難しいと思うんですよね。
見かねたモモタロスに
「教えたようにやれ!」と言われ、見よう見まねで剣を振って
「おお…」とその成果に驚いている良太郎がおかしかった。

とどめにリュウタロスを呼び出す良太郎の気づかいもいいですし、それまで拗ねたようにしていたリュウタんが、声をかけられ
「え?う…うん」と、ぴょこん、と立ち上がったのが可愛かった。
本日の必殺技は電車ガン。
イマジン爆発、リュウタロス反省イベント、大団円…といつもの流れの中で。

一つショックだったのは、新しい路線のねじれがなおると、一本の線路になったこと。
ずっと二重らせんだと思っていました。もう一本は線路の影だったんですね。
その説明のシーン、オーナーと駅長の勝負(そういえば先週スプーン磨いてましたねオーナー)につい見入ってしまっていたモモタロス達もおかしかったです。
呑まれちゃうんでしょうかね。

まだ心配されていらっしゃる方ももしかしたら…ということでコピペ。

410 :名無しより愛をこめて :2007/10/20(土) 15:28:31 ID:kbwjc//E0
電王DVD3巻の封入チラシ
DVDの広告に「スーツアクタートークショー」の文字があったぞ
というわけで収録確定だ。よかった。

414 :名無しより愛をこめて :2007/10/20(土) 17:52:13 ID:JpMRCI8l0
>>410のチラシなんだが、スペシャルトークショーの枠に載ってる写真三枚の内訳が

一番大きい写真:ソードフォーム(何かイージャンしてる)
二番目の写真:スーアクトーク(高岩さん、永徳さん、次郎さん、おぐらさん、おっしーの順で
       座ってる(と思う)高岩さんが立って会釈してる感じの所)
三番目の写真:モモタロスとリュウタロスとキンタロス(リュウタが四股踏み、キンが腹這いで
       頬杖ついてる?)

ってな感じだった。
取りあえずこれでトーク見られるの確定したし、安心して発売待てるようになって良かったw

415 :名無しより愛をこめて :2007/10/20(土) 19:44:36 ID:kbwjc//E0
>>414
3枚目はキンタロスが頬杖ついてルンルンしているところ
キン=次郎さんのダンスも見られるし、このスレも盛り上がりそうだな

416 :名無しより愛をこめて :2007/10/20(土) 22:19:30 ID:5GRMI/t00
>414
高岩さん、永徳さん、おぐらさん、永瀬さん、オッシーじゃないか?
確か次郎さんが永徳さんとおぐらさんの間にいたはずなんだが写ってないね


拍手レスです。

>fogさん

優雅ですか?結局コオロギ飼うことになりましたが鳴くんでしょうか。
写真は新居にて落ち着かないながら一服しているコオロギ氏。
20071021135623.jpg
関連記事

style="clap"

リュウタん!

可愛かったですよね、あの立ち上がるリュウタ!あの、外側に向けられて手がまた!

2007.10.21 21:23 URL | りゅうきん #3cXgguLU [ 編集 ]

りゅうきんさん、いらっしゃいませ!

何か今日のリュウタロスはすごかったですね。
今日のみどころはわたしとしてはリュウタんe-241とジェット噴射です。

2007.10.21 22:23 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]

1番のひとすごい。

R良太郎もリュウタロスも、大変素敵でした。
なにがって、もうよくわかんないくらいどっちも。

イマジン体での立ち回りって、そうそう見られないので嬉しかったです。
背中合わせって、かっこいいですよねー。

2007.10.22 10:54 URL | うぼめし #XMc5qrAA [ 編集 ]

うぼさん、いらっしゃいませ♪

みんなすごかったですよね。
ファーストカット、いきなりお尻から登場したゼロノスも。
「そうだ!」と丹下さんのようなモモタロスも。

背中合わせのお約束を軽やかに破るところも電王ですね。

2007.10.22 11:58 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/479-f2691c16

仮面ライダー電王 2007/10/21
仮面ライダー電王についての最近の情報です。

2007.10.22 13:45 | 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第二倉庫 ドラマ・映画・TVとラジオ番組

| ホーム |