fc2ブログ

本日読了

日曜は午前中だけ雨、と聞いていたのになんだか一日ぐずぐずしてました…
同居人2号が突然お好み焼きが食べたくなったというので(口うるさい1号は外出中)お昼頃ちょっとでかけましたが、寒かったですね!本格的にコート引っ張り出さなくては、でしょうか?
しかし寒くなったらなったで、電車の暖房が不快なくらいHOTになってくるのが困りものです。コート着たままだからあんなに入れる必要ないと思うのです。

そんな中途半端な冬の訪れに、読み終えました。

不思議で素朴な囲われた世界
西尾維新著(講談社ノベルス)
不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス ニJ- 20)不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス ニJ- 20)
(2007/10)
西尾 維新

商品詳細を見る
これミステリって言っていいのでしょうか。

いや、形式は堂々たるミステリです。導入部分があって、人が死ぬ。そして素人探偵が乗り出して、トリックを解明し、事件を論評する。
(素人探偵ですから、事件の解決そのものは警察が担当しますもちろん)

でも文章中で何度も
「推理小説ならそれでいいだろうけど現実はそうはいかない」みたいな台詞が何度も出てくるんです。
現実とかいうと、ここまでキャラ立ちまくりな登場人物の揃った現実って?と思う次第なんですが。

この作家の作品では戯言シリーズをコンプリート中ですが、最初の「クビキリサイクル」は表紙買いでした。イラスト可愛いし。
こちらの世界シリーズ(病院坂シリーズ?)もイラストが目を引きます。
長ランを着たおかっぱ頭の女子中学生。事件のトリックを見抜く13歳、病院坂迷路。
14歳より、一歳若い。

前作の「きみとぼくの壊れた世界」のほうは確か雑誌に連載中、「読者への挑戦」をやったんじゃなかったんでしたっけ。
用いられるトリックがいかにも学園ものっぽくてなかなか楽しかったのですが、こちらは壊れ具合がさらに進んでいるみたいです。
冒頭シーンはちゃんと伏線になっていたんだなあとか。

さらっとさくっと流れるような文章で、スプラッタ描写は控えめ。この作家は作品ごとに文体を変えてくるタイプで、世界シリーズはとくに読みやすい印象です。
わたしの場合10円あたりの文字量とか、1冊あたりの読書時間とかでお得かどうかを考えるので、こんなにすぐ読めてしまうのはちょっと困るのですが、それでも相変わらずの独特なセンスが好きです。
「ライトノベル風 音引き」は文字化けしやすいのでめったに使いませんが、発音してみるのは楽しそうですよね。

「ほんものか」
「にせものか」

自分が何者であるかという悩み。
思春期にはほんとうに悩まされましたが、恐ろしいことにこの悩み、一生解放されそうになくて…
大人が悩んでないように見えるのは、それが解決したからではなく、後から後から悩みが発生するのでとりあえず横においといてるだけだったのです!

でも別に何ともない。悩みなんてそんなもの。

中学生だった頃の自分にもし問われても、
「まだわからない」としか答えられません。
でもそれで案外、大丈夫、と思ってくれるかも。あの頃は周囲の対応も、妙に的外れだったという記憶があります。
中学生の頃、病院坂の誰かに会えていたら、全国に病院坂一族が散らばっていたら…それは素敵だったろうなと思います。

いや、こんな殺伐とした連続殺人事件でこんな呑気な感想もどうかと思いますが。
関連記事
SHARE

コメント 4

There are no comments yet.
りゅうきん
2007/11/12 (Mon) 21:35

西尾維新さん

デスノートのノベライズを読んだっきりですが、何か本来のライトノベル的読みやすさに加えて他の魅かれるものを感じたんですよね。
『戯言』には手をつけられていませんが…。

で、何が見事だって、ローマ字で回文になってるペンネーム!

maki
2007/11/13 (Tue) 01:27

りゅうきんさん、こんばんは。

西尾さん、デスノも担当されたんですか。
「クビキリサイクル」、思いっきり内容は本格なんですよ。
なのに、なにその俺様ちゃんは!と。
なにこの天才バトルロワイヤルは?と。
あれよあれよとひきこまれてしまいました。
ミステリでもなくライトノベルともちょっと違うという感じです。独特ですね。

帯に「いーちゃん、いーじゃん」と書かれてましたが、いまは何故かこの惹句が野太い声で聞こえてきます…

りゅうきん
2007/11/13 (Tue) 03:16

こんばんはー。

ノベライズ維新と銘打ってデスノと「×××holic」のノベライズを担当されてましたよ。集英社と講談社なのに似たような装丁で。二つとも文体を変えられてましたし。
なんか、独特さが惹かれますよね。

maki
2007/11/13 (Tue) 23:29

りゅうきんさん、こんばんは。

なるほど…「×××holic」のほうが西尾さん合ってる感じがしますね。
妙に中毒性があります。文章そのものに。

read or die 近視de乱視