LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

暇なので柄にもなく時事ネタ。

Japanese newspaper admits infamous sex column was untrue

小学校1年くらいまで、わたしがよく妄想していたのは、
「自分の人生における体験はすべて夢、それも誰かが脳に働きかけて見せている夢なのではないか」というものでした。幼い子どもにとっては夢と現実の境界が曖昧なので、似たようなことを考える子は結構いるのではと思います。

子どもの頃から本好きで、何でも手当たり次第、年齢にあわない大人の本まで読んでいたので、それも影響していたのかもしれません。
昔気質の親にはよく、心配され説教もされました。
「活字」という現実から遊離した世界にはまり込んで早熟なものいいをするところが気持ちわるいとか、家事の手伝いをしない、友達と遊ばないなど社会に適応できなくなるのではとか、当時社会を驚かした犯罪者たちのように変な思想に影響されるのではないかとか--本を読まない人にはそんなふうに思われていたようです。

今でこそ読書する子どもを育てようなんていいますが、昔は「読書」なんて実生活には何の役にも立たない絵空事の娯楽としか思われていなかったのでは。
少なくとも読書好きが書き読書好きが読む昔の「純文学」の類には、教養に欠ける代わり地に足のついた生活者から、高等遊民たちが蔑視を受けるエピソードが、よく出てきたような…

バーチャル対リアル、という構図は、極端に言えば人間が抽象思考を始めた時から始まっているわけで、今はネットが批判されていますがたとえば普通の人間が犯罪の具体的な手法を学ぶのはテレビや新聞などの報道によるものですし(だからこそ大事件が起こった直後に模倣追随する人が現れる)、ちょっと前は漫画やゲームが、その前は小説が、ネット同様
「実生活に役立たないのに、若い人にろくでもない影響を与える」と非難される位置にあったわけです。
メディアの機能や性質、一般への浸透度は革命的に変わってしまいましたが、ただこの構図だけは今に始まったことではなく、そしてまた、「バーチャル」に見える世界の向こうに、やはり生きている人間がいるということも、ずっと変わりのないことで…
冒頭の記事の件、たまたま渦中にある人のお話を伺う機会がありましたが、
「低俗のそしりは甘んじて受ける、ただバーチャルがリアルを攻撃し、浸食しようとすることだけは断じて許してはならない、だから屈せず戦っていく」という主旨だったので、ああなるほど、こんなふうに対立構造で捉えているからあんな対応なのだと改めて納得したものです。

ネット社会をバーチャルというものの、参加している人々には皆、消費者・生活者としての顔がある。一つの意思や行動特性でくくることのできない、実社会の縮図なんですが。

「あれはネット右翼の新聞への意趣返し」とも説明されましたが、確かに右翼の人も参加しているようです。それはたとえば、企業で労働問題が起こった際、左翼の人が口を出してくるのと同じで、人々の感情を煽動し利用しようとする存在はどんな場にも見られるものですから。
ただ万一、毎日新聞が右翼の代表と交渉し和解したとして、あの「攻撃」を止められるのか、止められたとして一度浸透したネガティブイメージを払拭できるのかといえば、それは疑問でしょう。
動いている大多数の人々は、統制された組織のメンバーではないからです。

もう一つ、ああ新聞はこういう感覚なのかと思ったことがありまして。

問題の記事はMDNというWEBサイトに掲載されたものです。
それを見る人の数も、言及や引用によってその記事が二次的に使用され流布されていくスピードも、「紙」という媒体とは比べようもない。
もちろん、どこかへ保存し、必要な際、検索することも容易です。
それが何年前の記事であろうとも、継続的に発信され続けるメディアなのですから。

くだんの人は、
「紙の新聞だったら、全体的にまともな報道がなされていれば、その日の紙面に1つ2つ変な記事が入り込んでも誰も問題にしないのに」と言われてました。なのにネットだとその変な記事だけが独立して、注目されてしまう。日々の新しいニュースによって打ち消されることなく、数年前のものも合わせて容易に編集されてしまうので、waiwaiのおかしさがクローズアップされ実際以上に強調されてしまうと。
それが不満であるかのような口ぶりでしたが、しかし、それがWEBで世界にニュースを発信するということです。
紙面、という感覚に囚われているから「問題記事を削除すれば終わり」という方向に行ってしまうのだろうと納得しました。
出版物は、問題があれば回収してしまうというのが普通でしたからね。そして昨日の記事のことなど読んだそばからすぐに忘れられてしまうものだと。
この感覚ではしかし、今回の問題がなくても早晩、似たようなトラブルが起こっていたことでしょう。

本件は当初WEBでのレピュテーションマネジメントを考える上でおもしろいと思い注目していたものですが、2chで行われている情報集積・加工のスピードには改めて目を瞠る思いでした。
waiwaiの影響を受けたと思われるWEB上の文章を世界中から集め報告する人、それぞれの言語を日本語に翻訳する人。試行錯誤の結果が報告され、ネットを知らない人にいかに伝えるかと有効な手法が話し合われ…過去の経緯や様々な資料を、話し合いの役に立つようにとまとめるボランティアも出現し。
もちろんふざける人も、過激な意見を述べる人もいるわけですが、この有機的な動きそのものが、純粋にすごいなと。

他紙も成り行きを見守っているところなんでしょうが、今回海外メディアが先に「虚偽」「意図的な捏造」と報じたことで、変化はあるのでしょうか。
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/866-8682b968

| ホーム |