LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

策士ビショップの操る糸によって、クイーンとして目覚めさせられつつある深央。
その展開の中で、
「やがてあなたの前にキングが現れる」
「その時までにあなたは完全なるクイーンとなっていなければならない」
「あなたを目覚めさせる、それがビショップたるわたしのつとめ」
…etc.と、またも設定に関わる情報がもたらされます。ファンガイアのキングとは、クイーンとは何なのでしょうか。

皮肉にしてスリリングな現代編、どこまでもロマンチックな過去編。
そしてイクサがくねくねします。
86年
クラシックギターの甘く切ない旋律と、窓から射し込む夕陽。ゆりを名乗った真夜に、すがりつく音也さんの表情が弱々しくてきゅんきゅんします。
「…助けてくれ。ゆり…」

海に行く約束だったのに、待ちぼうけのゆり。やはりあの薔薇は、ゆりのために用意されたもの。

08年
浮かない顔の渡。
「なんだ渡。暗いなあ。また深央ちゃんのこと考えてるのか?」
「それは…うん」
腑抜けのようなその様子に、励ます言葉も見つからないキバット。

前回、蜘蛛男たちの襲撃から逃れ(恵、キバに助けられ)、一人逃げてきた深央の前にビショップが現れます。
「決心がつきましたかクイーン」
「あなたわたしを騙していたんですね」
チェックメイトフォーとは何なのか。人を愛することの罪とは何か。ファンガイア世界の一端が垣間見える会話です。

ジムでイクサシステム紛失の報告を受けている嶋。失態を責められ
「原因は麻生くんにあります」と申し開きをする啓介は、それによってさらに叱られることになります。
自分の弱さと向き合う?嶋の説教の意味がわからない。しかし、それができなければ新しいイクサ装着者としての地位が危うい。危機感を抱く啓介。

逃げた深央を心配し探している恵。
物陰からそれを見守っている蜘蛛男に、ビショップが近づいてきます。
「お願いしたはずです、裏切り者のクイーンを抹殺するように」と。
恵を手に入れるために励む蜘蛛男と、あの手この手で深央を追い詰めるべく糸を張りめぐらせるビショップ。

86年
廃工場で寄り添う2人。
「教えてくれ。おれはおまえをどう愛していたか」
「焦らないで、あなたらしくあたしを愛してくれればそれでいいの…」
音也さんをなだめ、ルークの襲撃から逃がすふりをして、ひとまずルークにゲームをやめさせる真夜。演技派です。
「今おもしろいことになってるの。もしかしたらわかるかも知れないわ。愛というものの秘密が」
彼女もまた策士。しかし、自ら危険な領域に踏み出していることに、まだ気づいてはいません。

08年
川辺で恋人たちとすれ違う深央。どこにでもいる、ごく当たり前のカップル--しかし男性(下川真矢さんですfogさん)のほうはファンガイアでした。相手がクイーンと瞬時に悟り、罪は償うから女だけは許してくれと言い出す彼に、一旦は掌を向けた深央も、手を下すことができません。
「行ってください」
「…見逃してくれるのか?」
「早く!」
しかしクイーンの覚醒を待つビショップがそれを許すはずもなく、ターゲットだったファンガイアどころか、彼の愛した人間の女性まで、まとめて抹殺しようとします。深央の、目の前で。
「やめて!」
庇おうとした深央も、ダメージを受け…深央が処刑していれば、少なくとも女性の方は助かったはずなのに。

紅邸に助けを求め、現れた深央。渡の前で最後の力を失い、失神します。

86年
ルークから逃した音也さんを探しだし、忘れていったバイオリンを手渡す真夜。
不思議そうにそれを手に取りながらも、音楽の記憶を失うことはできないのか、すぐに憂愁の旋律を奏で始める音也さん。

08年
ベッドで眠る深央の慰めになればと、その枕元でバイオリンを演奏している渡。柔らかく包み込むようなその調べ。

86年
甘くもの悲しい旋律の向こうに見える、長い髪の女性。後ろ姿の彼女が語る思い出。
「…あの海でお母さんにもらった大切な指輪をなくしてしまって」
「おれがその指輪、見つけてやろう」
それは、バイオリンによっておぼろげに呼び覚まされた記憶のかけら。
「思い出した、おまえとの約束」
しかしそう語りかける相手は偽りの恋人。ゆりの名を騙る、真夜。

08年
もう会えないと言っておきながら、渡に助けを求めた自分の身勝手さを恥じる深央。
「僕、強くなります。深央さんを守れるくらい強く」
そういう渡の前から、姿を消し…

86年
真夜をゆりと思い込んだまま、海へ向かった音也さん。
指輪を探すため素潜りを始める彼を、呆れてみている真夜。そこへ、音也さんを探しにゆりが現れたため、これ幸いと声をかけに行きます。
「あなたがゆりさん?」

08年
姿を消した深央を、探す渡。
1人林の中を歩く深央。しかし蜘蛛男に見つけられ、逃れることができません。絶体絶命。そこへ--
「逃げて深央ちゃん!」
「めぐみ~あいたかったぞ-めぐみぃ~」
前回の繰り返しのような展開ですが、しかし蜘蛛男の手にはイクサシステムがあります。
「返せ、おれのイクサ!」と飛びかかる啓介を余裕でいなしながら、
「ヘンッシンッ!」

86年
「教えて、人を愛するってどういうことなのか」
唐突な問いに戸惑いながらも、好奇心の塊のような真夜につい、答えてしまうゆり。
人は愛することで今日を生きる。愛されることで明日を生きる。人は愛によって生きると--
このシーン、高橋優さんのの高さがよく理解できました。電キバ祭りのイベントで
「おまえらオレのこと背が低いと思ってるだろ!」と叫んでいた武田さん、よくわかりましたごめんなさい。
そうこうする間におぼれかけた音也さんに気づき、真夜そっちのけでかけよるゆり。
ゆりに介抱され正気を取り戻した音也さんには記憶も戻っていました。
「わたしがわかる?」
「運命の女を忘れるわけがないだろう」
約束は守ったと、掌に握りしめていた錆びた指輪を手渡す音也さん。その笑顔が自信に輝いています。
そんな2人を見守っている真夜。
「人間ってほんとおもしろい生き物だわ…」

08年
絶賛くねくね中の岡元次郎さん。キモ!そしてカワ!いい意味で気持ち悪く可愛いですとても。ちょっとリュウタ入ってます。お指がわきわきしています。足が軽やかにステップ踏んでます。ものすごい芸を見ました。
「やめて!…わかったわ、あなたの強さ
恵の女の武器(口舌のことですよもちろん)にあんなにも簡単に籠絡される次郎さん。
イクサのままちゅーするかとどきどきしました。
あっさりと武装解除されたかと思えば、目の覚めるような恵の回し蹴り一閃。
449 :名無しより愛をこめて :2008/07/27(日) 08:43:04 ID:ykLblyaMO
今日の恵がフレームアウトして名護さんが変身するシーン、
夜のヒットスタジオみたいだったな

いや、かっこいい演出でした。
「ごめんね?」と退く恵の背後から入れ替わりに啓介が現れ変身。
ぼこぼこにされ蜘蛛男は失意のうちに逃げていきます。

深央と邂逅した渡の前に、愛する恵に裏切られ憤る蜘蛛男が現れます。
深央を普通の女性と思い込み、彼女の前で変身するわけにはいかないと、徒手空拳のまま戦う渡は、やはりファンガイアの力に抗えず失神。
そんな渡を見て怒りに燃える深央。皮肉にも渡への思慕の故に、ついに覚醒したクイーンの力。
目に見えるかのような瞋恚の焔。まあ見えてるんですが。彼女の迫力に怯みいったん逃げ出した蜘蛛男は、今度は
「深央さんを守る」と決意した渡=キバに襲撃されることに。
エンペラーフォームは連続キックのために上下してバランスをとるおててが可愛いですよね。
本日はガルルフィーバー!あの、ジェット噴射で飛びましたが?
水柱を背に悠々と歩み去るキバはもうほれぼれするほどかっこいいです。

ジムで嶋に、反省したと涙を浮かべ報告している啓介。
それでこそ君に任せられるとなだめられ浮かべた笑顔が…やっぱりキモです。

キバの必殺技を受けてもまだ生きていた蜘蛛男。その生命力があればこそ、の彼でした。
「恵…もうちょっとでちゅーできたのに…」
肌身離さず持ち歩いているポートレートを取り出し、眺めようとした彼の前に、いつの間にかクイーンの黒目がちの瞳と、冷たいまなざしが…深央に関する描写はちょっとホラータッチですね。
「…あなた。人間の女を愛してたのね」
卒爾として今や自分が処刑の対象であると気づいた蜘蛛男。何の躊躇もなく向けられた深央の白い掌に、浮かび上がる薔薇の紋章。
「あなたの夜が来る…」
真夜の紅に対し、紫にけぶる巨大な満月。水に落ちた恵の写真。
堂々たる女王の誕生、そして--道化師の退場。
モモまっかっか。

サムライワールドに向かうんだとのりのりのクマちゃん。今回はゴーオンの紹介でしたね。
あちらにはきれいなお姫様がいるからねと賛同するカメちゃん。
話が違うと慌てるモモタロス。
果たして彼らの向かう先は魔界城かはたまた魔剣城か。
「だからデンライナーじゃないよ?」「おろせ!おろしてくれー!」
賑やかに走り去るデンライナー(じゃないよ)を、見送るは不敵な笑みを浮かべる白い影…
関連記事

style="clap"

え?蜘蛛男がイクサに変身するの?!するの?!…したー!
じ、次郎さんがくねくねしてる~!!てな感じで、
今日はエンペラーフォームよりもくねくねイクサに心奪われました。

2008.07.27 16:35 URL | ナノ #mRMddNJg [ 編集 ]

ナノさんいらっしゃいませ

ちゃん付けがいいのかな…悩みます。

今回はわたしもイクサくねくねフォームにくぎづけです。
気持ち悪いのに可愛くて、しかもちゃんとかっこよくて…もうちょっと長く出てほしかったですね。

2008.07.28 13:46 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/869-9557bf57

| ホーム |