LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

めずらしく初日から観られました!
前回、あまりといえばあんまりなところで終わって以来の生殺し状態だったので……映画館にはカイロ・レンのコスプレした人がいて希望者には撮影に応じてくれていたり、妙に豪華な特別版パンフが山と積まれていたり(もちろんグッズはもっと積まれていた)、盛り上がりは感じました。

わたしはスター・ウォーズはまともに見たのが「Episode 4」と前回の「7」くらいなものなのですが、本作は「4」・「5」・「6」辺りを観ているオールドファンこそ楽しめるんじゃないかと思える仕上がりです。
前回のヒキから予想される通り、レジェンドが降臨しますし、若き日のレーア姫のホログラムもありますし、チューバッカの操縦するファルコン号は胸のすくような大活躍。巨大な機構の隙間を縦になり横になりしながら超高速ですり抜ける迫力ある映像は「4」の冒頭シーンを思い出しました。
山あり谷あり、コミカルなシーンと戦いの悲劇(あのシーン無音なのはずるい)がないまぜになり、少なからぬ犠牲を出しつつも次代に希望を残すラスト。最近の映画としては結構長めだったのですが、そんな風には感じませんでした。

動画は今回SNSなどの反応から、「メンタル弱い」と人気の高いカイロ・レンさんが、部下の気持ちを知ろうと扮装してファーストオーダー作業者層に潜り込むお話。

style="clap"
2017.12.15 23:25 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
アガサ・クリスティという人は多作なだけでなく常に読者に驚きを届けようとした作家で、革新的なトリックや意表を突く展開で世間を賑わし、時にはあまりのどんでん返しっぷりに
「こんなのありなのか!?」というフェア・アンフェア論争をも巻き起こした人。
加えて自身の経験から異国を舞台としたエキゾチックな作品も多く、今回の映画の原作、「オリエント急行の殺人」もそうした一作として何度も映像化・舞台化されています。
要はミステリに興味のある人なら大体の人が、読んだ読んでいないにかかわらず、どこかでその筋立てやトリックを耳にしているであろう古典中の古典、基本中の基本といえる作品なわけで、映画を観るわたしの関心事も、
「今度はどんな演出なのかな?」という点にありました。

IMG_0303.jpg

写真はゴディバがタイアップで売り出した口ひげチョコ。写っていませんが楕円形の箱を止めるスリーブ? もオリエント急行の意匠で素敵です。順番が「平成ジェネレーションズ」と前後してしまいましたが12/8に鑑賞。

style="clap"
2017.12.10 03:32 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
久々に週末2連休もらえて(とはいっても金・土)、それが映画の封切り日にあたるとなれば行くでしょう。どんなに映画館が遠くとも。
ということで行ってきました! とてもいいお祭り映画! しかも発表当時はファン騒然のレジェンドライダーズ本人出演!
変身直後はとりあえず高岩さんですからうれしくてたまりません(エグゼイドとゴーストはパンフのインタビューによれば都合がつかず演じられなかったとのこと)。

IMG_0302.jpg

サムネでっかいなあ。あとで調節するかも。

style="clap"
2017.12.09 21:15 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
朝一番に出かけてシネコンの最初の回で「ゴッホ」。
その後買い物をして別の名画座で「KUBO」。
どちらも前評判としては映像表現のすごさだけを聞いていて、ストーリーについては真っ白な状態で行ってきました。いやこれはもう特撮と言ってもいいんじゃないのかな。どちらも製作にかかったであろう手間を思うだけで気が遠くなります。気が遠くなりますが、どちらも重苦しい仕上がりではなく、ただひたすら美しい映像でした。眼福としかいいようがありません。

以下感想文は折りたたみ以降。例によってネタバレは気にしていません。

あ、その間に食べたポルチーニのハンバーガーは美味しかったなあ。
IMG_0289.jpg

style="clap"
2017.12.07 00:35 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
途中ジュード・ロウの哀しみの赤鬼編をはさんで、だいぶ時間が経っていました、ペプシの「桃太郎」シリーズ
ついにEpisode 5 で猿が登場しました。
犬やキジの過去、それぞれの闘う理由にじんときて、サルは? サルは? とずっと待っていました。こう来たか、という感じです。期待していたくるくるアクションは少なめでしたが、出会いからサルならではのエンディングまでの長尺。迎える桃太郎、わずかに口元を緩めるだけの表情が、しぶい。
これは人としては、桃太郎を応援せざるを得ませんね。

Episode 5 猿編



サル編メイキング




同日追記。2年じゃない、3年なので訂正。

style="clap"
2017.12.05 11:13 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |