LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ということでここのところライダー関連の更新をさぼっていますが、映画は以前から
「絶対観に行く!」と決めてましてその理由はドライブとウィザード。
しかし内容はほとんどゴースト主役でしたね。その熱血っぷりが御成・柳さんと、アカリ・大沢さんには
「進之介が入ってた」と言われていました(パンフレット)が、タケルの命をかけた戦いへの覚悟が途方もなくかっこよく、迷い多い永夢先生にがつんと喝を入れていて、さすが1年やりとげた先輩と言いたい存在感。といっても序盤の高校での授業シーンはタケルの金髪と制服が合わなさすぎて微妙でしたが……


Pacman / Filter Forge


そしてアクションがかっこよかった!
今回わたしのベストバウトはウィザード対竜崎ですが、誰も彼も生身も変身後もふんだんなアクションシーンでこれはもう書いても書ききれないくらい。大勢で火力がいっぱいで、というアクションではなく、一対一の戦いが同時並行であっちでもこっちでも、という感じでしみじみ見ごたえがありました。大満足です。

DVDパンフの感想は書けません。売り切れていたから(´;ω;`)

折りたたみ以降はもうちょっと感想文続けてましてあまりネタバレは気にしていませんが、肝心なところは伏せているはず。

style="clap"
2016.12.13 21:55 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
というわけで今頃「君の名は。」を観るような今日このごろ。大ヒットすぎてこんな田舎でもまだ一日に何回もかかっていてすごい。
アニメの映像表現って今こんなになってるのか! と呆然となるほどで、光や水の美しさに驚嘆し、そして山手線のドアががーっと開いたり閉じたりするところや新幹線のシートにノスタルジー誘われてえらいことになりました。


諏訪湖の雲 / kuracom


午前中は色々用事があって、電車に乗っている時間は正味20分くらいなのに乗り換えの駅で40分くらいただ待っていたり、ついた先でもまだ時間が早すぎて40分ほどつぶすためにどこまで行っても人気のない道をあてもなく歩きまわったり。そんな余裕があるのかないのかよくわからない日に読み終えました。

身代わり(幻冬舎)
西澤保彦著

style="clap"
2016.11.13 02:00 | read or die 近視de乱視 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いやそんなタイトルじゃなかったはず。
しかし劇場でパンフ売ってなかったのでうろ覚えで書いてます。




style="clap"
2016.11.05 00:00 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
アドベンチャーゲーム好き・パズルゲーム好きのわたしですがあまりの新作の出なさにずっと飢餓状態にありまして、ところがたまたまマイクロソフトのショップで海外のゲームがダウンロードできることに気づき、それからすっかりはまってしまっています。
おかげで夏からずっと感想文さぼってる読了済みの本が結構たまっているのですが……しかしわたしにとっての初ルメートル、これがほんとうに衝撃でした。こんな怖い小説久々です。
著者本人のインタビューでも
「ヒッチコックが映画を作りたくなるような」ものを目指したとのことですが確かにサスペンスフルなその内容、皮肉でなおかつじわじわと真綿で首を絞めるような心理描写。あと、セバスチャン・ジャプリゾではないですがこの人の小説もネタバレしたら価値が半減してしまいそうな感じですね。
なので感想は控えめです。

死のドレスを花婿に(文春文庫)
ピエール・ルメートル著
吉田恒雄訳

style="clap"
2016.11.04 20:35 | read or die 近視de乱視 | トラックバック(-) | コメント(-) |

strawberry short cake(ストロベリーショートケーキ) / kawanet


鏡先生の召し上がってたのがこんなオシャレ系ではなく、近所のケーキ屋さんに置いてそうな素朴なショートケーキだったのはむしろポイント高かった。戦士が甘いもの補給する描写は甘党として大好きです。
出し惜しみなくどんどん先輩ライダーが登場してきて、それぞれのポリシーで宝生と絡んでくる(らしい)展開も楽しい。全員得意とするゲームが異なり、アクションが変わってくる(らしい)のもうれしい。このあたりは「ブレイド」に似ているでしょうか。院長とポッピーの力関係もなんとも言えません。
前回はまだ戸惑いから腰の引けていた宝生が、鏡への反発から
「CRのライダーとしてやっていく」決意を固める回。
そしてOPが白衣祭りで歓喜しています。 

折りたたみ以降は感想文。セリフちゃんと✍取れなかったので仕事から帰ったら修正します。

style="clap"
2016.10.09 11:54 | ex-aid エグゼイド | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。